海外研修サポートインターン本研修の様子

2016年8月5日~8月17日の13日間、伊勢崎市中学生海外語学研修に本学の学生4名がサポートインターンとして参加しました。研修先は伊勢崎市の姉妹都市であるアメリカミズーリ州スプリングフィールド市のミズーリ州立大学です。研修に参加した70名の中学生と同じく学生寮に宿泊し、3食の食事もキャンパス内のカフェテリアと、一日のほとんどの時間を中学生と共に過ごします。中学生の英語レッスンを見学、アクティビティでの交流、引率の先生方のサポートなど、毎日の忙しいスケジュールを笑顔でこなす学生達の姿はとても頼もしいものでした。研修の最後にはテキサス州ダラスにて、伊勢崎市に本社を置くサンデンホールディングス株式会社のアメリカ工場であるサンデンインターナショナルUSAを訪問させていただきました。

海外研修サポートインターンとは中学生の語学・生活面のフォローや引率教員のアシスタント業務を通して様々な仕事を体験し、社会人として必要な主体性や協働性を磨く海外研修プログラムです。地域連携による人材育成を目的とした「グローバル人材育成協議会」のメンバーである伊勢崎市教育委員会、サンデンホールディングス株式会社との連携で実施される実践型の研修です。