「児童向けグローバル教育ワークショップ2019」を開催しました

2019年8月22日(木)、23日(金)児童向けグローバル教育ワークショップが開催され、
伊勢崎市内の小学校より約70名の小学5~6年生児童が参加しました。

本学が取り組むグローバル人材育成活動のひとつとして、
本ワークショップは伊勢崎市教育委員会と共催しております。
2013年からスタートして今年で7年目となりました。

本年は学生14名が参加し、約3ヶ月前から準備を行い、
大学生にとりましても自身の企画立案・運営力を磨く学びの場となっております。

今年のワークショップは『KYOAI-ISESAKI Working Holidey』と題して、
「仕事と旅行」をテーマといたしました。

5か国(エジプト・ブラジル・オーストラリア・フランス・中国)のチームに分かれてブースを
設置し、働く疑似体験と仮想通貨を使用して旅行をする体験型のプログラムを実施いたしました。

学生は、この2日間での児童の吸収力の速さや発想力の豊かさ、成長にとても驚いておりましたが、
学生自身もこの活動を通して一から企画遂行することの難しさや仲間で協力し合うことの
大切さなどたくさんのことを学び成長することができたと思います。
この活動を最後までやり遂げた自信を胸に、
今後の学生生活も挑戦心をもって取り組んでいってくれることでしょう。

ワークショップの詳しい様子は下記リンクをご覧ください。
①1日目の活動
②2日目の活動